オーゼキコーキPHOTO BLOG ~僕らを幸せにするカメラとの日々~

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~

FUJIFILM XF27mm F2.8

FUJIFILM機の衝撃

X-pro2 + Zeiss Planar 50mm F1.4 ZS JPS展にてお声掛け頂いた皆様、ご来場の皆様、本当にありがとうございます。 こうした場に出る事が無かったとは言え、こんなに直接ご評価いただく事はこれまで皆無でしたから、心から感謝の思いで一杯であります。 仕事…

第44回 2019 JPS展(東京展) 在廊スケジュールについて+プチ情報

※東京展は終了いたしました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。 www.jps.gr.jp 東京都写真美術館へのリンクはこちらから 2019年5月18日(土曜)から開催される『第44回 2019 JPS展』での、 僕の在廊スケジュールをご連絡させて頂きます。 ※都…

連休中のスナップ旅  with息子

X-pro2 + XF27mm F2.8 なかなか更新が出来ず本当にすみません。 最近はスケジュールの詰まりだけでなく、謎の高熱にやられたりでワチャワチャしておりました; 少しでも溜まっている日常写真を出さねば・・・。 深夜の更新は久しぶりですが、家でひとりワイ…

今日の機材構成

X-pro2 X70 + XF23mm F2 XF55-200mm XF90mm F2 Zeiss Planar 50mm F1.4 ZS WCL-X70(約21mm F2.8) + クリップオンストロボ1灯 円形ディフューザー1 円形レフ板1 こんな感じです。 結局90mmと55-200mmは両方持って来ちゃいましたが、なんとXF16-55mm F2.8は置…

FUJIFILM・クラシッククロームの扱い

X-pro2 + XF16-55mm F2.8 今日はFUJIFILMの特徴でもあるフィルムシミュレーションの中からクラシッククロームについて取り上げたいと思います。 X-pro2 + XF16-55mm F2.8 「良い色だな」と思っていつつも、僕にとっては中々出番のないシミュレーションの一つ…

”アンバター”を知っているか

青森県むつ市。 ここは僕の生まれ故郷でありまして、祖父母や両親もむつ市の人でありますから、自分にとっては所謂”ルーツの地”と言えます。 そんなむつ市は大間のマグロなど、漁業でも全国から注目を集める存在ではありますが、 地元の人間だからこそ知る、…

みろく横町は新宿ゴールデン街の夢を見るか

X-pro2 + 27mm F2.8 まだ青森県八戸市に滞在しているので話題は続くわけでありますが、どうしても触れておきたいのは『八戸みろく横町』です。 事前に断っておきますが、本記事は観光宣伝を狙ったり、 はたまた逆にネガティブキャンペーンを目的としたもので…

スマートフォン

X-pro2 + XF18mm F2 今日は八戸市の中心街へ足を運んでいます。 仕事のスケジュールがズレたこともあり、少しスナップして遊ぼうという考えですが・・・ 最も栄えている街中も、古びた家屋の味が良い感じすぎて、結局田舎アピールのようなカットばかりが増え…

春遠からじ

X-pro2 + DA Limited 70mm F2.4 肌を刺すような寒さは相変わらずではありますが、少しずつ春が訪れていることを感じる青森県。 この時期の奥入瀬渓流は観光客も少なく、渓流そのものに近づけぬ程の残雪はあるものの、耳を済まして聞こえるのは車や人の話し声…

3月15日になりました。

X-pro1 + XF27mm F2.8 12年前の今日、僕は青森から東京へと上ってきました。 当初、新聞奨学生として上京した僕は、知らない土地や人の中、必死に慣れようとして今よりも丁寧な標準語で話したり、誰が言うことも「そうなんだ!」と素直に聞いたり(笑) 本当に…

作戦ウルフ

X-pro2 + 27mm F2.8 狼が来るぞ。 歯磨きをしないと、狼が来るぞ。 夜に騒ぐと、 おもちゃを片付けないと、 耳掻きをしないと、 狼が来るぞ!! 奴らは壁の中、夜の外に居て、すぐに”ドンドンッ”という音をたてる。 今夜も小さな怪獣が、ようやく寝静まりま…

若き日と老いていく今

X-pro2 + CHIYOKO Super ROKKOR 5cm F2 ”時間は瞬間である” ここ最近、そんなとある説に興味を持ちました。 大変に奇妙がられることは承知の上で書くわけでありますが、僕たち人間は何のために、どこから来て、どこへと向かうのか。 こんなことを真剣に一年…

余情残心

X-pro2 + XF27mm F2.8 X-pro1の時もそうでしたが、pro2も同じく9割をOVFで使用しています。 理由は簡単で、撮れたであろう写真の余情を堪能できるからであります。 では一眼レフのOVFはと言いますと、不思議とそれが無いのです。 おそらく視野率が100%で、…