オーゼキコーキ ~僕らを幸せにするカメラとの日々~
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~ by OZEKIKOKI

RICOH GXRのP10ユニットを買ってみました。

f:id:OZEKIKOKI:20170306120519j:plain

RICOH GXR + P10

 

GXRネタが多くて恐縮ですが、安さに惹かれて新たに『P10ユニット』を買い足しましたので、数日使った感想をお伝えします。

元々所有していた『S10ユニット』の画作りがあまりにも良くできたものでしたから、試しに1/2.3センサーを搭載している本ユニットに手を出してみた次第です。

ただ、GXRで望遠系をAFで押さえるにはこの選択肢しかなかったので、いずれは買うだろうとは思っていましたが・・・

 

f:id:OZEKIKOKI:20170306121326j:plain

RICOH GXR + P10

 

結論から言えば”なかなか使える”といった印象です。

画作りの面でS10と比べますと、明らかに彩度とコントラストが高く、シャープネスも下げたほうが好い結果になります。

本記事に載せている写真は、その辺の設定を変えてある撮って出しであります。

f:id:OZEKIKOKI:20170306121714j:plain

f:id:OZEKIKOKI:20170306121745j:plain

RICOH GXR + P10

 

最大の欠点は望遠側の描写が甘いところでしょうか。

幸い片ボケこそありませんが、これは個体差なのでしょうか。

まぁ、このレンズは絞り羽ではなくNDフィルターによってF値を変動させるタイプの設計ですから、そのへんは割り切って使っていこうと思います。

 

f:id:OZEKIKOKI:20170306125148j:plain

f:id:OZEKIKOKI:20170306125221j:plain

f:id:OZEKIKOKI:20170306125247j:plain

 RICOH GXR + P10

 

高感度テストも兼ねて夜も使ってみましたが、ノイズ面はマズマズといったところです。

裏面照射型のCOMSですから僅かな期待もありましたが、少しでもシャープネスを上げてしまうと悲惨なディテールとなります。

しかしこれでもかと設定でシャープネスを下げてみますと、あっという間に不満のない描写になりました。

やはり小さなセンサーですから無理は出来ないということでしょう。

 

なんだか満足度の低そうな記事になりましたが、そんなこともないですからね(笑)

なによりこのサイズで28㎜~300㎜をカバーできますし、同社のCX系のコンデジとは異なる大人っぽい画像処理と合わせて考えれば十分及第点だと思います。

それにしてもこのP10ユニット。

WEB上のレビュー記事が少ないですねぇ。

実際に使ってみるまでわからない事が山ほどありましたが、今は買って良かったと思っています。

 

ところで、S10ユニットの次に手に入れようと思っていたのは『A16 24-85』のユニットだったのですが、ほんの出来心で買い足したP10の存在によって、このままではワイドから中望遠までの焦点域がバッチリと被りすぎですね(笑)

きっとこれは既にGXRをご愛用されている諸先輩方は体験されている悩みとは思いますが、さてどうしたものでしょう。

僕の解決策としては、GXR本体をもう一台買い足すことなんですが如何ですか?(笑)

 

「GXRってのはなぁ、A12系を使って初めて意味のあるカメラなんだよぉ!」というお声も飛んできそうですが、どうかお手柔らかに(笑)

 

あくまでもGX100の後継機という意味合いで導入したのがきっかけですから;

とは言え、あらゆる細かい設定まで手が届く本機は他機種では代えがたい魅力ある一台です。

自ずと全ユニットを揃えてしまう未来が容易に想像できてしまいますね。

本当にいいカメラです。

 

オーゼキコーキ

 

【本日の一枚】

f:id:OZEKIKOKI:20170306131241j:plain

RICOH GXR + P10