オーゼキコーキ ~僕らを幸せにするカメラとの日々~

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~ by OZEKIKOKI

MISOKAIYAKI ~方言とアンブレラの真相~

f:id:OZEKIKOKI:20170720183501j:image

K-3 + FA☆ 28-70mm F2.8

 

先日撮影で伺った料理屋さんで、大変嬉しくも面白い出来事がありました。

日本大学江古田駅付近にある和食料理のお店だったのですが、全6品の撮影の中で最後に出てきたお料理を見て「あれ、これってもしや、ミソ貝焼きじゃ・・・」と店主にたずねると「そうですよ」と。

僕「へぇー、珍しいですね~。僕は青森出身なので母親が作ってくれてたのを思い出します。懐かしいなぁ」と喜んでいると、なんと店主も「え?僕も青森出身ですよ(笑)」と言うではないですか。

 

互いに驚いて、同郷あるあるの”家どのへん”トークをしばしば楽しむ展開に。

 

僕が「んだば標準語使って会話すんのは不自然ですね(笑)」と方言で話し始めると、自然と店主も方言で応えてくれました。

 

ところが東京に居ながら方言で会話するのは、何年ぶりか定かでないほどに久しかったもので、妙に標準語の混ざるギコチナイ話し方になってしまいました(笑)

もしかしたら店主の彼もそうだったかもしれません(笑)

 

なぜそうなるのかを紐解くと、実は上京後から現在に至るまで、ずっと僕なりに感じている一つの概念があるからです。

それは『標準語を使えるのに方言で話すことは”失礼”または”ふざけている”事にはなるまいか』という妙な概念、いや、いつの間にか勝手に作り上げた田舎者なりの”マナー”とも呼べるかもしれません。

 

何を隠そうここ数ヶ月、突然に自身の中にあるこの謎のマナーに疑問を抱き、小さな悩みとまでなっていたのですが、この日ギコチナイ方言混じりの標準語を使う己の様を見て、改めてくだらない概念に支配されている情けない奴である、と自分を恥じたのであります。

 

身の回りの友人は関東人が多く、数少ない上京組といえば不思議なことに関西人のみ。

彼らは「オレ、標準語話せてるやろぉ」と堂々たる関西弁を常に放出しており、この悩みを共有できる仲とはならないのです。

 

まぁ、昔似たような事を相談したところ「何ゆうとんねん!方言はな、最大の自己紹介やねん!」と、正論めいた発言に首を傾げた記憶があります。

 

自分でも不思議なのです。

どうしても東北訛りに対して”羞恥心”があるのです。

 

同郷の方ならご理解頂けるでしょうか・・・。

 

これまでに幾度と「今日はクライアントと方言で話そう。素直な自分を出そう」と思いながら、いざ対面すると「本日は宜しくお願いします!」と標準語しか出てこず、第一声で訛れなかった場合は終日どころか、その方とは出会う度に標準語を使うことになるのです。

 

しかし本心は方言を使ってみたいと思っており、このまま標準語を使っていては、本当のことを言っているのに、まるで嘘をついている気さえしてくるのです・・・。

 

だいぶ話がズレてしまいましたね。

ただ僕の中では掘ると長くなるテーマなもので・・・(汗)

 

さて。

この日、みそ貝焼きが出てこなかったら、おそらく互いに同郷だとは気がつかなかった事でしょう。

撮影を終えて店をでる頃には随分とリラックスしている自分がいました。

 

駅の改札を通ろうと手持ちのSuicaをかざすと、残額が足りずゲートが閉じてしまいました。

その時「あいや、カネ入れてながったなぁ」と、独り言まで訛った時には笑っちゃいました(笑)

 

果たして今後、自然と方言を使える日が来るのか。

まだまだ己の未熟な心を鍛えて行かなければなりません。

その先にはきっと新たな写真が手に入る予感がするのです。

頑張ります(汗)

 

ところで店主様。

ちょうど帰りに雨が降り始めたことで、ご親切にお店の傘を譲って頂き、本当にありがとうございました!

ですが、ちょっと謝らなくてはいけません。

実はあの傘、あの後池袋に着いたときに出会った親子に譲ってしまいました。

突然の雨に濡れてしまった小さな少年と母の2人を見て、2歳の息子がいる自分には素通り出来ませんでした。

次の現場はすぐそこでしたから”走ればいい”と思ったのです。

そしてエイッ!と走り始めた途端に、ニュースにもなった大粒の雹に襲われました(笑)

しかし後悔はしていません。

青森人は心健やかでおおらかなのですから(笑)ね。

なのでせっかく頂いた傘を30分後には手放したのですが、許してちょんまげであります。

 

ワリガッタ、でも、うれすがったして!!

 

オーゼキコーキ

 

PS:僕が撮影した池袋を襲う天変地異のような暴風雹雨が、提供したニュースで流れたようですね。

アップしたYouTubeのコメント欄やTwitterで「傘をアンブレラって呼ぶ奴初めて見た」という声が多く、かなり笑ってくれた方も多かったようです(笑)

あれですねぇ、多くの方には傘に見えるでしょうけど、実はストロボ撮影に使う”アンブレラ”と呼ばれる機材の一つだったんです。

テレビの映像に出ていた提供者:オーゼキコーキを見てこのブログに来てくれた方が数百人居て驚いてますが、これが真相です(笑)

僕も傘は”かさ”って呼びますよ(笑)

番組の編集者もやたらに「アンブレラ」を強調したテロップ出してましたからねぇ(笑)

そう言うことで、初めましての方はこれからも宜しくお願い致します。

オーゼキコーキでした。

 

ご興味のある方は下記から動画をご覧くださいね。

【オリジナル】

https://youtu.be/qAaU5tLz_1U

【ニュース番組】

https://youtu.be/_163YqZIhwM

 

【本日の一枚】


f:id:OZEKIKOKI:20170720200123j:image

RICOH GX100