オーゼキコーキPHOTO BLOG ~僕らを幸せにするカメラとの日々~

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~

IQ


f:id:OZEKIKOKI:20170902195553j:image

RX100

 

皆さんはご自身のIQがいくつか把握されていますでしょうか?
僕の場合、高校生の頃にテレビ番組の企画で実施されていた『IQテスト』で120くらいのスコアだった事は覚えていますが、そもそも本当にあんなんで正しいIQが判断できるのかどうか、今考えると疑わしいものです。


その後は現在に至るまで一度も測定したことはなく、ずっと「自分はIQ120程度だ」と思って生きてきました。
高くも低くもない普通のスコアらしいのですが、何れにしても写真には関係ない気がしますので、改めてテストを受けるほどの興味はありません。

 

ですが先日、7~8年ぶりに連絡を取った香川県に住む友人との会話のなかで、大変心地よく感じる”テンポ”に気がついたのです。
こんなに疲れない(というと語弊がありますが)会話をしたのは、あまりに久しぶりに思えましたから、もしやIQレベルの相性が良いのかもしれないぞ、と。
例として、その時の会話の一部がこちら↓

 

私「で、いつ家に遊びに来るの?」

友「現時点でどこに住んでんだって話でな。」

私「黄昏」

友「あーブルーライトね。のどこだ?」


まぁ、こんな感じで伝わりますでしょうか?

これぞ『普通以上、オヤジギャグ未満』のハイセンストークではないでしょうか!

 

ちなみに、日本国内で最もIQが高いとされている人物は、東京都在住の男性で、売れないインディーズビジュアルバンドのボーカルだそうです。

気になるのは”なぜIQが高いのに売れないのか”というところ。
しかしその問いに対し、既に彼はこのように答えています。

 

「売れてしまうと、好きな人や音楽に囲まれた今の環境が無くなるから」

 

なるほど。


『売れることこそが成功』と擦り込まれてきた日本人には中々できない発想ですね。
詰まるところ、彼の目標は有名になってチヤホヤされる事ではないということです。
素晴らしい思想だと感じます。
そして驚くことに、僕と同じ考えかたではあーりませんか。
やっぱり、そういう事なのでしょうか・・・。

 

と、お馬鹿なブログを電車の中で書いているのですが、さっきから降りたい駅を2回もスルーしてしまい、行ったり来たりを繰り返しています。

まぁ、あえて理由を言うならば、

「降りてしまうと、今思い浮かんでいる言葉を書けないから」

とかにしときましょうかね(笑)

 

やべ、降りたら走らないと予定に間に合わぬ(汗)

 

オーゼキコーキ

 

【本日の一枚】


f:id:OZEKIKOKI:20170902200728j:image

RICOH GXR + MOUNT A12 + Zeiss Planar 50mm F1.4