オーゼキコーキPHOTO BLOG ~僕らを幸せにするカメラとの日々~

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~

星の指輪

f:id:OZEKIKOKI:20180607105528j:plain

RICOH GX100

 

息子が初めて妻の顔を描きました。

ギリギリ人の顔だということが判断できるレベルの画伯クオリティですが、親からすれば愛おしいものです(笑)

 

僕が言うのもなんですが、妻はなかなかに美人であります。

先日、とある祝賀パーティに行った際も、スケベな老人写真家(名前は伏せます)は、妻を捕まえて自身の自慢話を永遠と語っておりました(笑)

(でも妻に耳打ちして日本写真家協会に入るメリットとデメリットを赤裸々に聞き出しました。ふっ、まんまとペラペラ引っかかったな!おいぼ・・ゴホン)

 

しかし、その美人を発揮する機会が実に少ないのが残念なところ(笑)

なんと恐ろしいほどにファッションセンスがないのです(これ読まれたら小遣い減らされるなコリャ)

普段は子育てをしている為にノーメイクで、奇妙な組み合わせの家着のままスーパーまで出歩きます。

深々と被っている帽子は日焼け防止とのことですが、どう見ても田舎の畑に芋を掘りに行くような物なのです。

 

改めてもう一度言いますが、この姿で「あ!美人だ!」ってなる人はまずいないでしょう(笑)

 

そんな妻も、月に一度あるいは二か月に一度、妻の実家へ息子を預けて僕とデートする時があります。

そういう時はちゃんとした美人になるのですが、普段から(チンチクリンモードのまま)通っているカメラ屋さん(デートでもカメラ屋w)はどう思っているのでしょうか、気になります(笑)

もしかすると、僕が違う女性と歩いているように見られているかもしれません。

まぁ、マニアックなカメラをぶら下げているのでギリギリ認識されてるかな・・・。

 

さて、そんな妻もたまにですけど嫌な態度をとるときがあります。

だいたい決まっていて、お出かけ帰りの疲れている時です。

そんな時に僕はこんな嫌がらせをするのです、そこそこ大きい声で・・・。

 

パターン1

「いや~、そんなに北川景子にそっくりだと皆振り返るでしょ~?」

 

パターン2

「それにしても似てるなー、顔だけは完全に藤原紀香だもんね!!」

 

パターン3

「ところで広末涼子に間違われるでしょ!?こんなに似てるんだもん!!」

 

これらをそこそこ大きな声でハッキリと活舌よく言うのです。

電車内で、横断歩道の待ち時間で、スーパーのレジの列で(笑)

 

もう言ったもん勝ちです。

僕の圧勝です(笑)

 

これを言われて顔を上げられる女性はそうそう居ないでしょう。

 

是非皆様も、奥様にムカついたときは敢て怒らずに嫌がらせの連発に励みましょう。

 

何の話だ?これ(笑)

とりあえず本心は浜田省吾の「星の指輪」の歌詞通りということです。

 

 

オーゼキコーキ

 

 

【本日の一枚】

f:id:OZEKIKOKI:20180607112100j:plain

RICOH GX100