オーゼキコーキPHOTO BLOG ~僕らを幸せにするカメラとの日々~

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~

RICOH GX100 Mark3 がやって来た ~最近のコンデジ事情報告~

f:id:OZEKIKOKI:20190304131558j:plain

RICOH GX100

久しぶりに記事を更新したかと思えば、既に皆さん”耳タコ”であろうGX100の話であります。

しかも3代目・・・

※今日はワケあって現状の僕のコンデジ事情を書かせて頂きます。

「わざわざブログで言わなくてもいいかぁ」と書かずに来た内容を無理やり詰め込んでいるので少し読みにくいかもしれませんがご容赦ください; ※

 

 

 

ぐんる~んって大きな弧を描いた”コンデジ探しのブーメラン”

結局は本機に帰って来たという事です。

 

自身の事を『GX100難民』などと表しておりましたが”難”てことない話でした。

GX100の民』であることを受け入れれば良いだけの話。

f:id:OZEKIKOKI:20190304133641j:plain

RICOH GX100

さて、これまでのGX100経歴をおさらいです。

 

初代GX100   :2017年夏に東京を襲った大雹の嵐にて故障(そもそも手振れ補正OFFの方がブレない個体でした)

 

2代目GX100 :2018年春に程度の良い中古を入手するも個体差なのか別物のJPEG画質に驚きとためらいを覚えたのを束の間、レンズが出てこない不具合に見舞われ故障。

 

3代目GX100 :2019年初めにアキバにて輝く個体を入手。完全に初代と同じ画質+αで、なんと手振れ補正が全域でちゃんと効くという優れもので現在活躍中。(2500円でした)

 

こんな流れでありますが、この間にはGX100の代わりを求めて下記のように様々な機種を使ったりしました。

ゴチャっと書いてしまい恐縮ですがお許しください。

 

GR DIGITAL(レンズの高い描写力は勿論の事、NRが効いていない自然なJPEGは今でも最高に好きです、が、壊れやすいのが残念なところで僕のも例に漏れずに逝きました。しかしその後に別の個体を妻が入手したことにより今日も我が家で活躍中)

GR DIGITAL II(かなり独特の色再現。今でも好印象ですが後から買った初代GRDに僕の心は奪われましたので入れ替え)

GR DIGITAL III(諸々良いのですがWBやNRが好みではなく)

GR DIGITAL IV(外部AFの不具合が2台ほど続いたことで心折れる)

・GR APS-C I型(目の前で微笑む家族にマルチAFじゃピントが合わないレベルのAF性能に涙)

GX200(とうとう手を出してみましたがGX100に比べて塗り絵となりAFもパッシブを取り除いてしまった事でフルプレス時の反応が退化。悪くないけど合わなかった)

Finepix F200EXR(これは相当期待したけど結局600万画素DRモード以外は不満画質、よって父に譲渡)

Finepix F600EXR(600万画素設定なら悪くないJPEGですけどズームが遅すぎて難ある)

Finepix F800EXR(結局600万画素設定にしなくちゃ目も当てられない画質だけどレンズは案外いい)

Finepix A800(センサーは大きめなので期待しましたがxDカードはやはり難ある)

SONY DSC-W300(総合的に良い機種でしたがJPEGの感じが肌に合わずに父へ譲渡)

SONY RX100(もともと壊れていないのが不思議なほどの外装状態だったのですが、やはり不意に逝ってしまいました)

SONY DSC-F77A(スイバル機構は超楽しいですが電池が持たない+画質難)

OLYMPUS XZ-10(かなりイイ線行っていたのにフリーズ頻発故障)

ほか・・・何かあったような無かったような。

 

と、まぁこのように永い航海の末に、結局僕にとってGX100の代わりは無いという結論に至った次第です。

ここまで来ますと読んでいる方は「そんなに良いのか?GX100ってやつは!」となるはずでしょうけど、今となっては全く万人にお勧めできる機種ではありません。

 

SDカードは4GB以上だと機動が遅くなります。

RAWの書き込みは日が暮れるほど遅いです。

背面液晶モニターは、それはそれは時代を感じる見え具合でありますので割り切りが必要です。

一番低感度の時点でノイジーが画質です。

 

今では1型センサー搭載機も数多く出そろい、機敏さもズーム倍率も高感度性能も兼ね備えた最新コンデジが存在します。

 

でもね、これを言ってはお仕舞いなんですけど・・・

『イズム』なんですよ、それらにもの足りないのは。

 

GX100には、その”イズム”がしっかりと在って、それは本体の厚みや横幅やデザイン、ボタン配置に至るまで、間違いなく自分なりの写真哲学を持った人間が作っているカメラなんですよね。

そして本当に偶然にも僕がピッタリとそのイズムにマッチするというだけの話なんです。

ですから僕のブログを見ていてGX100に興味を抱いたとしても、大変申し訳ないのですが「古すぎて合わない」可能性の方が高いと思います。

f:id:OZEKIKOKI:20190304142720j:plain

RICOH GX100

そもそもGX100の中にもJPEG画質が全く別物という個体差があるので、僕の言う「NRの無いナチュラルなノイズ感」を体感できない可能性まであります。

つまり謎のNRが働いているようなJPEGを出すGX100も存在するのです。

本当に別機種か!ってくらい差があります。

これについては過去の記事でもボヤいてますが。

二代目GX100は、もはや別のカメラ。 - オーゼキコーキのPHOTO BLOG

 

f:id:OZEKIKOKI:20190304143515j:plain

RICOH GX100

肩ひじ張らずに使えるGX100は、何も考えずに目に入るものを気軽に撮れます。

X-pro2とかα99なんかじゃ、こんなただ猫を撮るなんてことしないですもん。

日常のメモを撮る感覚に近いです。

いつも3:2で使っているので画素数は900万画素ってことで超十分。

たぶんデータフォルダーを見返したときに、スライドショーで楽しめるのはGX100でしょうね。

それだけラフに様々なものを撮ってます。

 

さて、今回も少々くだらない内容で大変長くなりましたが、冒頭で言ったように理由があるのです。

 

先日友人から聞いて知ったのですが、どうやらSNSで僕のコンデジ事情を気にされている方がいるようなのです。

僕は全てのSNSをやっていませんので、全くもって気が付かなかったです。

内容の詳細はうろ覚えですが「GX100の代わりに使っていたXZ-10はどうなったのか」というような事でした。

どれくらい以前のSNS投稿なのかまで見れてませんが、もしこの記事を読んでくれたなら、これからは是非ブログにコメントくださいね(笑)

現代コミュニケーションの形かもしれませんが、本人に直接聞かずにSNS経由で遠回しに伝える(伝わる)という文化が僕は苦手ですので;

否定はしませんが肯定もしにくいですから(笑)

 

なんたって”GX100の民”なもんで、変わり者なんス。

よろしゅう。

 

オーゼキコーキ

 

 

【本日の一枚】

f:id:OZEKIKOKI:20190304145207j:plain

RICOH GX100