200years:

-ozekikoki-

初秋の郷愁

f:id:OZEKIKOKI:20200924154440j:plain

いつも、自分なりのこだわりに従いつつ、季節を迎え入れている。

中でもこの秋は最も斜に構えた特徴を持つ。

謂わば”懐古主義”というやつか、いや、森の木々ですらお洒落をする季節なのだから、もう少し色を付けた表現で『ノスタルジア』とでも呼んでみる。

 

毎年この秋口にはそんな自分の一面と対峙するのだが、これ自体は多かれ少なかれ共感する人種も居るとは思う。

 

ただ私の場合は少々身構えて迎える必要があり、この時期に顔を覗かせる感情とは適度な距離を保つように心掛けている。

でなければうっかり自らの内面の溝に足を取られてしまうからだ。

簡単に言えば”感傷のお浸し”にならないように気を付けているという事。

 

だのにそれも含めてこの季節が年に一度の楽しみでもあるから、我ながらたちの悪い気質であると思う。

結局のところ、私はこの時期に随分と苦難が重なる星の下のようである。

 

さて、そんな心情が起因しているのか定かではないが、毎年この秋風を鼻から胸いっぱいに吸い込むだけで、やおら芸術家ぶろうかと様々な記憶を反芻し始める。

 

f:id:OZEKIKOKI:20200924160439j:plain

雨雲と追いかけっこをする電車に揺られながらも、そうした追憶は続く。

こういう”物思いにふける”時間を「くだらない」と吐き捨てる者もいるが、アスリートが常日頃から身体を傷めないようにと、念入りなストレッチをするのと似たものがあると私は思っている。

 

こうやって私の様な考えるタイプの人種はリラックスしているのだ。

更に言えば「頭のストレッチ無くして、この後に遭遇するであろうシャッターチャンスにどう反応できようか!」

というところである。

どや、ダサかっこよかろう。

f:id:OZEKIKOKI:20200924161728j:plain

実際にはちょっとやそっと歩き回った程度でドラマティックなシャッターチャンスなどにそう滅多に出逢うことはなく、大概は眼に映る情景の中にある機微を捉えようとシャッターを切るだけである。

ゆえに自分にしか理解できないディテールだけが写ったカットが私のPCには山ほど詰め込まれている。

f:id:OZEKIKOKI:20200924173025j:plain

急な話をするようだが

生まれ故郷の青森に居る90を過ぎた祖父が現在危篤である。

電話で様子を聞いた限りでは痛みに苦しんでいる事はなく、既に意識のない中で静かに眠っている状態とのこと。

 

孫として当然に込み上げる想いも在るが、ご存じの方もいる通り昨年のJPS展にて祖父母孝行が間に合った私としては、勝手ながら心は穏やかなほうである。

それ以上に気掛かりなのは長男である私の父の心境だ。

だからと言って私に今から出来ることの見当は付かないので、せめて静かに見守りたいと思う。

ただ、先述のJPS展へ出展した『逢える日』の撮影当時に、併せて父と祖父の2ショットも丁寧に撮っていた。

その後にそれを大きく伸ばしたプリントを父に贈っている。

あの時の私は様々な想いを込めてシャッターを切った。

 公開はしないが、我ながら本当に素晴らしい1枚に仕上げられたと自負している。

いつの日か、2人で一緒にその写真を眺めたい  ―  。

 

いま私の住んでいる街には故郷を思い出せる景色や物も見当たらないが、記憶の中で明瞭に聴き取れる優しい祖父の声と、この初秋の日差しや影の落ち方を含むすべてが、十二分に郷愁を与えてくれる。

時節柄、こうした場合に駆けつけたくとも叶わぬ人がどれほど居ることか。

一貫して言い続けているが、改めてどんな記憶でも自身の財産なのである。

 今年もまた、忘れられない秋となるだろう。

 

「おじいちゃん。へば、また!」

 

f:id:OZEKIKOKI:20200924175021j:plain

 

・RICOH GRIII

・PENTAX K-1

・FA 43mm F1.9 Limited

・FA☆ 80-200mm F2.8

とあるラーメン屋の店主

f:id:OZEKIKOKI:20200816192915j:plain

たとえば、そこら辺のラーメン屋の店主だって幾重もの分厚い人生のページの上に今日もスープを仕込んでいる。

彼は古いアルバムを丁寧にめくりながら、私に自身のストーリーを語ってくれた。

f:id:OZEKIKOKI:20200816193856j:plain

f:id:OZEKIKOKI:20200816193938j:plain

彼は十代の頃に有名な九州ラーメン店の味を受け継ぐ修行を送りながらも日夜勉学に励み、やがて陸上自衛隊員となった。

f:id:OZEKIKOKI:20200816194414j:plain

元々腕っぷしが強く、在隊中に柔道においてメキメキと頭角を現す。

ただでさえ厳しい隊の訓練と並行し柔道の稽古へも全力で取り組んだ。

私も含め多くの人がこれだけで疲れ果て、夜にはよだれを垂らしながらの熟睡を求めるところだろうが、彼は就寝消灯時間のあと、周りにバレないように布団へ潜り込み懐中電灯を照らしながら尚も勉強し続けた。

f:id:OZEKIKOKI:20200816195209j:plain

積み重ねた努力の結果、異例の速度で階級を上げていったのだが、自身の思い描く人生を求め、柔道部の顧問として高校教師の道へと舵を切る。

そしてまるで”プロジェクトX”で観たような展開ではあるが、自衛隊時代に培った指導力や効率的な訓練方法も相まっての事か、最弱と言われた部員たちを全国のベスト8まで押し上げる事に成功した。

ところが彼はここから教師を辞めて単身アメリカに飛ぶ。

未だ見ぬ可能性への期待か、或いは若き探求心が突き動かしたのか。

一言も英語を話せない事など「大した問題ではない」と彼は話をつづけた。

f:id:OZEKIKOKI:20200817181954j:plain

靴磨きやら厨房作業やら、言葉の通じないアジア人を拾ってくれる外国人の元でアルバイトに励む日々。

次第に日常会話を習得したころに一人の女教師が現れた。

彼女は彼の才能や高い学力を見込んで「私が日本のTOP大学に入れるほどに英語を教えます!」と買って出たそうだ。

そこからマンツーマンのレッスンが始まった。

当時はブルースリーがアジアンヒーローとしてアメリカのNYでも大人気であり、彼が外を歩いているだけで何度も”Bad boy”に絡まれては、得意の柔道で投げ飛ばしていたそうだ。

やがて流暢な英会話を習得した彼は、ある日いつものように不良の一人を投げ飛ばした後にこう言い放った・・・

「ヘイ!俺の財布にはまだ金が入っているぜ!欲しいのか?遊びたいだけか?はっきりしろよ!」

それからは街中で彼を見かけたBadboy達は手を振って挨拶するようになったそうだ。

彼は彼でトレードマークのように柔道着を黒帯で巻き俵状にしたものを肩にかけて歩いていたらしい。

f:id:OZEKIKOKI:20200817185445j:plain

しかしメキメキと英語が上達した彼は、人から人へと紹介が連なり、まさかの領事館勤務のエリートまで駆け上がる。

話が急カーブの連続で、ついつい私も欽ちゃんばりに「なんでそーなるのっ!」と思ったが、目の前に当時の写真が在るのだから信じるしかない。

f:id:OZEKIKOKI:20200817190504j:plain

当時はそれだけ「バイリンガルは珍しかった」というが、どうも聞いている身としては彼の執念の努力と強運の相互作用が多分に含まれているように思える。

今一度改めて言うが彼は今、日本の神奈川県で”ラーメン屋の店主”をしているのだ。

f:id:OZEKIKOKI:20200817191243j:plain

懐かしい思い出のひとつひとつを語ってくれる彼は、写真をとても大切にしている。

78歳の”とあるラーメン屋の店主”の若き日々は多大な努力と挑戦の連続だった。

そして今も彼は数学と英語の勉強に加え、肉体的なトレーニングも毎日欠かすことなく続けている。

 

f:id:OZEKIKOKI:20200817192031j:plain

f:id:OZEKIKOKI:20200817192102j:plain

手書きの文字で埋められたノートが何十冊も積み上げられているのを目にして、きっと私が今日この店主と出会ったことにも大きな意味が在るのだと悟った。

f:id:OZEKIKOKI:20200817192417j:plain

私は1杯のラーメンを彼の映画の様なストーリーと共にスープまで飲み干した。
「本当に俺は恵まれた良い人生を送っている」と、穏やかな眼差しで語り掛ける姿は実に尊く、言葉からもドッシリとした旨い出汁を感じる。

f:id:OZEKIKOKI:20200817193527j:plain

私と一緒にラーメンを食べ始めたのだが、話に夢中になっていた彼のどんぶりの中では麺がすっかり伸びきっていた。

「それでも旨いやぁ」と口へ運ぶ様子はまるで少年のようであり、写真の中の若き彼の雰囲気をも想起させる。

今日撮った写真たちもプリントして、このアルバムへ挟みにまた来よう、と想った。

 

Camera & Lens
・OLYMPUS E-M1 markII

・ZUIKO 14-54mm II