オーゼキコーキPHOTO BLOG ~僕らを幸せにするカメラとの日々~

オーゼキコーキのPHOTO BLOG

~僕らを幸せにするカメラとの日々~

そろそろ真面目にフィルムシステムを

f:id:OZEKIKOKI:20180802165959j:plain

X100T

 

デジタルで必要なものは中判を除いては概ね揃えることができました。

標準域はX100T+TCL-X100でほとんどカバー。

超広角と望遠はX-T2で。

明るいレンズ系(オールド含む)などはX-pro2で。

そんな感じです。

 

しかし手持ちのZEISS Planar50mmなどをそのままの画角で楽しみたいと言いますか、単純にフルフレームで使いたい場合のボディが無いので、結局はより大きなフォーマットの機種を検討するわけですが、そうすると下記のものが頭に浮かびます。

PENTAX K-1

SONY α900

これ以外は身銭で買いたいと思えるカメラが今のところございません・・・。

α900はこれまでに2度も手に入れては手放す(やむなく)という過去があり、新鮮味はないのですが、それでもやっぱりあのファインダーは別格で、今でも魅力的な良いデザインだと感じます。

価格も随分下がりましたね。

 

それに比べるとK-1は”PENTAXファンだから”というのが一番大きな理由です。

突き抜けた魅力は正直なところ特に無く、PENTAXAN念願のフルサイズという記念碑的な機種ですから、所有しておきたいなぁという感覚です。

 

 

さてしかし。

デジタルはお腹いっぱいであるのが真実。

「ならばここはフィルムだろう」ってな発想が今日の一考したいテーマであります。

すると選択肢は限りなく広がります(笑)

もう欲しくて欲しくてタマラナイ機種が山ほどあります(笑)

機種だけでなくレンズですよレンズ。

 

嗚呼、考えるだけで楽しい。

 

そして基本的には低価格で揃えられるという神掛かった時代。

もうほんとにハッピーです。

ですがフィルムの種類は減る一方ですから、手放しでは喜べませんねぇ。

 

とりあえずKodak系でカラーもモノクロも統一する方向ですから今のところは大丈夫だと思いますが、今後も価格は高騰していきそうです。

 

話を戻しますが、フィルムシステムのマウントをどうするかです。

実はもう2マウントまで絞り、そこからさらに1マウントに決めてます(笑)

やっぱりですね、どうしても使いたいレンズたちが僕にはあるのです。

デジタルでは叶いそうで叶わなかった”あの”マウントです。

 

ずっとこのブログに通ってくださっている皆さまですとピンと来ると思いますが(笑)

 

さて、更に実はのお話で・・・

もうボディをポチっておりましてですね(笑)

現在発送待ちの状態であります。

 

即断即決即行動

石橋叩かず走って渡る

そんな男、オーゼキでした(笑)

 

オーゼキコーキ

 

【本日の一枚】

 

f:id:OZEKIKOKI:20180802172358j:plain

X100T